冬の斎場事情

最新の斎場情報まとめ

冬の寒い時期でもある日突然斎場へ行かなければならない連絡が来てしまうことがあります。
いくら寒いからといっても派手なコートなどを羽織っていくのはよくありません。
最低限のマナーを知っておくと寒い冬の時期に斎場を訪れても失礼なことをしないですみ、しっかりと故人をお見送りすることができるでしょう。
失礼にならないためにはどんなことを知っておけばいいのか事前に学んでおくと、いざというときに慌てないで冷静に対処することができます。

冬の斎場の寒さ対策

冬の斎場の寒さ対策 冬の時期は非常に冷え込む日も多く、斎場に向かうときも寒さ対策をしておく必要があります。
逆に斎場内では暖房がきかせてあることも多く、室内と外の温度差が激しく体調を崩してしまう原因になる可能性もあるので注意が必要です。
そんな冬の斎場に持っていくと便利なのがカイロです。
カイロがあればお腹などに入れておけば身体を温めることができますし、手に持てばかじかんだ手を温めることもできます。
また小さなものですから荷物にもならないのが便利なポイントになります。
冬はコートやマフラーなどをしていくことが多いと思いますが、斎場に着いたら控室などに置かせてもらうようにして邪魔にならないようにする配慮しておくとよいでしょう。

斎場側も寒さを感じないように暖房はつけている

斎場側も寒さを感じないように暖房はつけている かつては自宅で実施されることが多かった葬儀も、現在では斎場で実施するケースが増えています。
その理由として、やはり核家族化などが進行して自宅も規模が小さくなり、他人を大勢招くには不便が生じるといったことや、自宅に弔問客がやってくるとなると、葬儀のための準備や後始末で家族の負担も相当なものがあるため、もっと広くて設備も整っている斎場が、人気を集めるようになってきています。
もっとも斎場といえば、やはりそれだけ広いスペースとなっていることが基本であり、当然ながら冬場だと寒さが厳しく感じることもあります。
弔問客がひっきりなしに訪れれば、ドアの開閉も激しいですし、服装についても喪服であるため、普段のように厚着するわけにもいきません。
しかしながら斎場側もそういったことは承知しており、それなりの工夫を施していることが一般的です。
それは広い空間だからこそ、冬場は遺族や弔問客たちが寒い思いをしないよう、暖房をしっかり使用するといった対策を実施しています。
またドアも自動ドアでこまめに開閉するために開けっ放しということはありませんし、暖房についても一つだけといったわけではなく、複数設置されているケースもあります。
ちなみに寒さ対策は個人でも可能であり、カイロを利用したり黒いコートやストールなどを利用することで、より暖かく過ごすことも可能です。

斎場関連お勧めリンク

兵庫県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

兵庫県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

Copyright (C) 2018 冬の斎場事情. All Rights Reserved.