冬の斎場事情

最新の斎場情報まとめ

斎場で上着などを手持ちする場合の持ち方

斎場で上着などを手持ちする場合の持ち方 冬場は寒いため上着などを着て外出しますが、斎場に行く場合は会場に入る前に脱いでから入るようにする、と言うのが基本です。
またその場合は上着をどこかに置いておく事は出来ない為斎場の中では手持ちにする場合が多々ありますが、ただ手で持っていれば問題ないという訳ではありません。
基本的に斎場に行く時だけでなく、上着を手持ちにする場合は必ず上着の内側が外側になるようにして持つようにします。
簡単に裏返しにし、それを軽く畳んだ状態で持つようすればマナー違反とはなりません。
通常、自宅でも服の内側を見せる事はないと言う人も少なくありませんが、上着の外側は汚れが付着している可能性も十分あります。
従って、周りを汚さない為にも、そして勿論ご遺族に対して敬意を示す為にも内側の裏地が見える状態にして持つようにします。
勿論お焼香等が終ったらすぐに着ても良いわけではなく、葬儀の会場の外に出てから着るようにする、と言うのが上着に関する一連のマナーです。

クロークがある斎場なら預けてしまいましょう

クロークがある斎場なら預けてしまいましょう 基本的に言って、葬儀に着用する喪服はスリーシーズン、またはオールシーズン着用可能になっているものが多いため、寒さが厳しい真冬の時期には当然、コートを着用することになります。
仮に参列した斎場にクロークがなくて預けることができないといった場合には、ビジネスマナーと同様、葬儀会場の建物に入る前に必ずコートを脱ぎ、手に持って入ることができます。
しかし、クロークが設置されている斎場なら預けてしまうのがよいでしょう。
もちろん、コート以外にも手荷物があり邪魔になりそうであるならやはり預けてしまうのがよいと言われています。
実際、ほとんどの斎場にはクロークが設置されているというのが現状となっているため、まずは安心して参列することができます。
また葬儀会場から火葬場へバスに乗って移動することもありますが、その際また会場に戻ってくる予定であれば、コートは預けたままで、できるだけ身軽な服装で行くのがよいとされています。

Copyright (C) 2018 冬の斎場事情. All Rights Reserved.